Tuesday 27th September 2022

在庫を管理するという事は利益アップにつながるという事

在庫管理を甘く見ているまたは、予算をかけずに人的に何とかしようとしているうちは大きく稼げない事を知ったほうがいい

今日対応してきた会社はとても良い傾向だった。

2022年3月6日 by hsdth7ewa4
No Comments

回相談に受けてて通販でどういう風に伸ばしていくのかと言うことを確認してきた。

実際に需要が高いまたライバルもいないじゃないけどもそこまで多くはない

またそんなに強いサイトや商品のモーラスがあると言うわけではなかったので、商品の在庫や種類といったものを網羅することができるのであれば充分巻き返しが効くと言うような感じに見えた。

また既に月間では少ない時で500,000円前後、高い時こそ1つけたが上がって2,000,000円位売り上げが上がると言う話だった。
ここまでくるとある程度の問題点や課題、ていうのは出てるはずなので細かいところで人的な作業確認の重複であったり無駄な確認の積み重ねであったりと言うことがないかと言うことを打ち合わせで確認してきた。

 

するとやはり皆さんこういうことを毎回やってるこういう事は無駄だなと思っていると言うものはなんとなく思いながら日常的にその仕事をこなされてあった。

であればそういうところを在庫管理システムと絡めて確認業務を減らしていくであるとかめんどくさい手間と言うものをオンラインで情報のやりとりをすることで短時間で処理できると言うな状況があれば、少ない時間で対応できれば従業員も早く家に帰ってもらうことも可能だと言うことになる。

また無駄な残業代が減ると言うことにつながりますので経費の削減からその浮いた経費を本当に労力として頑張ってくれている一つ一つ考え抜いて行動してくれている従業員にボーナスといった形で転換していくと言うことも可能になるわけである。

在庫管理システムと言うものはただ業務が楽になるって言うだけではなくてそこでいかに無駄に掛かってた時間と言うものを減らすことによってそのかかった時間をお金に換算して結果的に経費を減らすと言うことに繋げれるかどうかと言うところも要因として1つはあると言えると思います。

今回はほんとによく考えられてある初めて通販をやり始めたって言う会社さんの場合には半年でいいよここまで来れているなぁというのが正直な話である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。